くぼたのうけんWEBスクールの評判や料金

くぼたのうけんWEBスクール

この教育法、この教材の特徴

脳の前頭葉研究と教育で有名な久保田教授が考案した育児法を展開している「くぼたのうけん」のWeb教材。
くぼたのうけんという同じ名称で0歳からの育児教室があるが、こちらのWEBスクールは家庭で学習ができる。WEBスクールと名が付いているように、パソコンを使ってインターネットのWebサイトで学習する。月額制を取っており、補助教材としてプリントも毎月届く(プリント無しのコースもある)。
久保田式は5歳までに脳を育てる事が重要と謳っており、幼児教材も5歳までが対象。
2015年末現在では、Windowsのみ対応でMacには非対応となっているのでご注意。
認知度ランキング
認知度ランキングとは、当サイトが独自に集計したユーザ認知度のこと。詳しくはこちら。認知度ランキング
 モンキくんのヒトコト説明

  • くぼたのうけん
  • パソコンとインターネットが必要
  • 脳力開発
 モンキくんの悩み所
久保田式育児法の理論は医学博士である久保田競教授の研究に基づいているが、これを教育法としてまとめ上げ広めていったのは妻である久保田カヨ子先生である。テレビによく出演されていたこともあり、カヨ子先生の方が知名度があるかもしれない。
くぼたのうけんは教室もあるが現在は首都圏しかないため、ご家庭で久保田式で教育したいと望む場合はこのWEBスクールが候補となる。
脳の特定分野だけでなくバランスよく発達させる教材になっているので、偏った教育法ではないと思われる。
家庭でできるとはいえ、パソコンとインターネットの環境は必須。5歳までの教材と考えると、親のサポート無しに進めるのは難しいだろう。
ご家庭での教育として久保田式に興味があり、親御さんがサポートできるかどうか、が判断ポイントとなる。
 評判・口コミ
「この教材ってどうなんだろう?」と評判や体験談も気になりますよね?
ユーザから寄せられた口コミは、現在募集中です。この教材をやっていた、あるいはこの教材をやっている方がいらっしゃいましたら、問い合わせフォームにてご連絡頂けると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

料金

乳児版(3歳まで) プリントあり:1,944円(税込)
幼児版(3歳以上) プリントあり:3,240円(税込)
乳児版はプリントが届かないコースもあり、こちらは1,296円(税込)。

初回2回分は振込、3回目からは振込の他に銀行の口座引き落としも可能。

教材詳細

《対象》
未就学児。
インターネットに接続されているWindowsパソコンが使えるご家庭。
Macには対応していない。

《コース》
3歳以下が対象の乳児版と、3歳から就学前までが対象の幼児版の2コース。
乳児版のみ、プリントが付かないコースもある。

《教材特徴:乳児版》
乳児版では、脳の前頭連合野と海馬を鍛える事を目的にしている。
前頭連合野は脳の中で思考の部所、海馬は記憶の部所と考えられている。脳に様々な刺激を与えて発達を促していく教育法を取り入れた教材になっている。
いくつかのジャンル、テーマ、カテゴリーに別れており、「サウンドミュージアム」「カラーミュージアム」「いろんなかたち」「どうぶつかくれんぼ」「フラッシュカード」などで構成されている。

《教材特徴:幼児版》
幼児版でも、乳児版と同様に脳の前頭連合野と海馬を鍛える事を目的にしている。
前頭葉の前頭連合野、運動連合野、頭頂連合野、側頭葉、後頭葉といった場所を刺激しながら教育する教材になっている。
IQ、EQ、SWの3分野に対してそれぞれ教材が用意されていて、はじめての方でも学習が進められるようにガイドも提供される。

《特記事項》
久保田式育児法は、久保田競教授の脳研究を元にし、生まれた直後からお子さんの発達に合わせて必要な時期に、バランスよく脳に刺激を与えて成長を促していく。
久保田競教授の妻である久保田カヨ子先生が広報的な役割でマスコミ等を通じて、この教育法を広めている。教室も展開しており、ロゴマークの題材もカヨ子先生になっている。

《歴史》
くぼたのうけんは、大学受験予備校として有名な城南予備校を運営している城南進学研究社が提供している。
城南予備校は1961年に川崎で設立されたが、くぼたのうけん教室は自由が丘に2009年に開校。同時期にくぼたのうけんWEBスクールも始まった。
参考:株式会社城南進学研究社 会社沿革

申込方法

公式Webサイトから申し込み可能。
1週間の無料体験があるので、支払い前にアカウントが発行されてスタートできるようになっている。

下記の参考サイトを参照。

基本情報

幼児教育 教材名
くぼたのうけん WEBスクール
認知度ランキング
独自調査による認知度ランク※参考
2.5/5段階評価
対象
乳幼児、未就学児
教材
WEBサイトと、プリント補助教材
コース
乳児と幼児の2コース
費用
月額制
参考サイト