記事のコピー禁止

当サイトをご覧頂き、まことにありがとうございます。
このページの内容は幼児教材・幼児教育法には特に関係ございません、法律で認められている範囲を超えて「コピー・リライトしないでくださいね」というルールを改めて記しております。


多くの方にとってこのページの内容は意味がないのですが、無断で当サイトの内容をコピーされる方がいるとのご連絡を受け、ルールを設けておくことにいたします。
本当にごくごく一部の方が無断で記事を転載し、報酬を受け取るお仕事をされており、やむなく当ページを作っております。

想い:子育て負担を軽く

当サイトで公開している内容は、運営スタッフ自身が育児経験した体験談や、友人・知人に協力して頂いて集めたご意見や、インターネットなどで公開されている情報を整理し、まとめたものです。
また口コミ情報や一部の記事は、外部の方や一般の方々から寄せられたご意見や協力会社に制作を依頼しております。

いずれにしても、記事の著作権は当サイトが有しております。
引用される際には、著作権に関する法律で認められている引用の条件を満たすようにお願いいたします。

原文そのままを転用するのはもちろん厳禁ですが、著作権の引用に該当しない改変や順番の入れ替えなどを行って、無断で外部に公開することは違法行為になります。
外部に公開というのは、クラウドソーシング等でのライティング・リライトのお仕事、ブログやまとめサイトへの商用目的でのコピーも含みます。

以上の点をご注意頂き、お含みおきください。

当サイトの記事に関する内容の場合、著作権者から直接のご連絡を頂き、権利の侵害が明らかになっている場合、すぐに対応いたします。
例えば、口コミで頂いた情報はユーザーから寄せられた意見をそのまま掲載する事があり、調べきれていない場合があるかもしれません。
お手数をおかけしますが、お問い合わせフォームよりご連絡下さい。

我々が著作権を判断する際の判断指標としているのは、下記の公益社団法人著作権情報センターの内容です。

公益社団法人著作権情報センター

日本の法律はなかなか変わる事がないため、以前に作られた法律を現代に合わせてどう解釈するかで判断が分かれます。そのため、類似の事例が参考になります。

デジタル・ネットワーク社会と著作権

特に「国・地方公共団体の作成した報告書の転載は(中略)許諾を必要としないと考えてよいと思われます。」の部分や、画像の掲載については引用に対する解釈部分を参考にしております。