「 幼児教育 」一覧

0歳から始める右脳教育について

0歳から始める右脳教育について

一昔前の感覚だと幼少期からの幼児教育というのは、有名小学校をお受験するために幼稚園の時から幼児教育の学習塾に通って勉強するものだと捉えるかもしれません。しかし最近では、生まれたばかりの0歳児や1歳、2歳から教育するという低年齢化の傾向が高まっています。乳幼児に教育することに抵抗感...

幼児教育で気をつけるべきことは何?

幼児教育で気をつけるべきことは何?

昔は幼児教育と言えば、幼稚園や保育園に通っている子どもを対象として行われる教育を意味しました。これらの場では、保育士や幼稚園の教師らが主となって子どもの発達に関して考え、目的や目標を持って行います。しかし最近では、家庭でも幼児教育の重要性に関して考えるようになり、通信教育や幼児教室...

幼児教育における習い事の位置づけ

幼児教育における習い事の位置づけ

通信教育や幼児教育など、幼児期においてさまざまな習い事をさせるのは、将来にわたりプラスに働くことが多いということがわかってきました。以前は小学校に入学するまでは特に習い事を始める必要はないと言われて来ましたが、最近では習い事を始める時期が早ければ早いほど子どもが身につける力も大きい...

幼児教育するなら、何歳からが良い?

幼児教育するなら、何歳からが良い?

ことわざに「三つ子の魂百まで」という言葉があるように、早いうちからの幼児教育は良い意味でも悪い意味でも大人になった時に与える影響が大きく、特に3歳頃までに脳に与えられた刺激は脳の働きに大きな影響を与えることがわかっています。《幼児教育するなら知っておきたい脳の仕組み》でも取り上げた...

教材を使わない幼児教育

教材を使わない幼児教育

幼児教育を行うには幼児教室に通ったり、幼児教育ガイドで紹介している通信教育を使ったりする以外にも、家庭にあるものを工夫して行うことができますし、むしろ教材などを使わないことによって親子の良いコミュニケーションにもなります。親子でコミュニケーションを取りながら教育することは、...

幼児教育の目的と注意点

幼児教育の目的と注意点

0歳から6歳までの幼児期は、子どもが大人へと向かうための最初の一歩ともいえる大切な時期です。幼児教育を通じて子どもは毎日の生活の中で多くの事を学び、急激な成長をしていきます。特に大人に比べて幼少期の脳の成長はとても急激で、この時期の学習によってそれ以降の子どもの能力が決定してしま...

語彙力を鍛える幼児教育

語彙力を鍛える幼児教育

幼児教育には様々なメリットがありますが、そのひとつとして挙げられるのが語彙力を鍛えることができるというものです。1歳ぐらいからの教育によって語彙力を鍛えるというのは言い換えれば表現力を高めることであり、語彙力が低いと自分の気持ちや物事の説明をする時にも表現が陳腐なものになってしま..

コミュニケーション力を高める幼児教育

コミュニケーション力を高める幼児教育

幼児期は、人間形成の基礎が作られる極めて重要な時期です。幼児期というのは小学校就学前の時期を指しますが、幼児教育とは乳幼児が生活する全ての場で行なわれる教育の総称です。具体的には幼稚園や保育所における教育や、通信講座などを使った家庭における教育、地域社会おける教育など幅広い概念...

定番の幼児教育「右脳トレーニング」良し悪し

定番の幼児教育「右脳トレーニング」良し悪し

少子化の影響もあり、胎教や幼児教育などの早期教育にも注目が集まっています。昔は幼児教育というと幼稚園や保育園で先生方が子どものよりよい発達を目指して考えていることでしたが、近年では家庭内での教育という点でも注目されており、幼少期の成長に目を向けた幼児教室が多く開かれています。...

幼児教育するなら知っておきたい脳の仕組み

幼児教育するなら知っておきたい脳の仕組み

幼児教育するなら知っておきたい脳の秘密。人間の脳の神経細胞数は大人と子供で大きな違いはなく、およそ140億個あります。これらの神経細胞はシナプスと呼ばれるネットワークを形成していて、視覚と味覚、聴覚、嗅覚、触覚といった刺激があると互いに信号を送り合い、刺激が繰り返されることで...