私たちの想い(運営方針)

私たちの想い

それは育児の負担を少しでも軽くすること
子育てが難しいのは、一通り経験して育児のベテランになった時には、子育てが終わってしまうことです。つまりは、子育て中の誰もが “育児初心者” であるとも言えます。

中には準備万端で出産した方もいるかもしれませんが、多くの方がいきなり「育児モード」に突入し、何もかもが初めてで「わけわからない」のに「やることだけは山積み」ではないでしょうか?

我が子に満足な「衣食住」の環境を整えるだけでも精一杯なのに、「え、勉強ってどう教えるの? 教材って何があるの?」と育児教材や教育に関しての知識を得る事まで時間が取れず、焦ってはいないでしょうか?

想い:子育て負担を軽く

幼児教育法や幼児教材はたくさんあり、特徴も様々です。
私たちがこうした教材や教育法をわかりやすく整理し、日々育児で大忙しな親御さんの少しでもお役に立ちたいと思っています。

情報は、かたよりなく、わかりやすく

幼児教育に関する情報を、わかりやすくお伝えしたい
良い評判はもちろん、一見するとあまりよくない意見も、自分たちでは判断せず掲載することがあります。
情報はどこかからの伝聞ではなく一次ソースであることを重視し、数値や調査結果などの数値やデータを重視しています。
どうして、偏り(かたより)が無いことを大事にしてるの?
幼児教材を紹介するサイトはいくつかありますが、あまり見慣れない教材、聞き慣れない教育法を中心に紹介していることはないでしょうか?
どうしてこうしたサイトは、あまり知られていない教材を中心に紹介しているのでしょう?

それはサイト運営もビジネスだからなのです。
サイトを見た方が、サイト経由で教材を申し込むと成果報酬が得られる仕組み(アフィリエイト)を利用している場合、どうしてもたくさんお金が入ってくる教材や育児教育に関しての説明が中心になりがちです。

サイト運営にもお金はかかりますから、これ自体は悪いことではありません。
ただ、ページを見ている方が、広告記事なのか客観的な紹介記事なのかを見抜くのはとても難しいのです。いわゆるステマはいけませんが、自然な形での誘導の場合、広告であることに気づかないことも多いと思います。

そこで当サイトでは、誰もが知っている教材から、特定のお子様だけを対象としてる教材まで、できるだけ同じ情報量で取り上げることにし、偏りを無くすように制作しています。

当サイトも運営に必要な広告を掲載することもございますが、「広告」であることはわかりやすく記載することにしています。