Worldwide Kidsの評判や料金

この教育法、この教材の特徴

ベネッセが制作・販売している乳幼児向けの英語教材。ベネッセは他にもこどもちゃれんじEnglishという教材を出しているが、Worldwide Kidsにはしまじろうが登場しない。通信教育ではなく教材を一式購入するように見えるが、2ヶ月に1回教材が届き、途中で解約も可能。胎児のタイミングからの英語教育も勧めているように、0歳などの早期教育を想定しており、年長ぐらいになるとこの教材の対象から外れる。用意されているのも0歳時コースと1歳児コースの2種類。
認知度ランキング
認知度ランキングとは、当サイトが独自に集計したユーザ認知度のこと。詳しくはこちら。認知度ランキング
 モンキくんのヒトコト説明

  • ベネッセの幼児英語教材
  • 0歳児から対象
  • 全セットで約23万円
 モンキくんの悩み所
しまじろうが出てこないベネッセの英語教材と言えばわかりやすいと思う。といっても違いはキャラクターだけでなく、このWorldwide Kidsは0歳などの生まれた直後からの英語教育を意識しており、Stage0から順に進めることが推奨されているので、早期英語教育向けと言って良い。
えいごであそぼプラネットと同じように、Worldwide Kidsもディズニーの英語システムを意識した比較表を用意しており、価格の優位性や途中退会ができる点などが違いとして強調されている。
参考:Worldwide Kids 受講費・料金・費用
途中解約すれば、不利のない価格が返金されるのは良いのだが、小学校入学前ぐらいまで使えるStage6までの教材が1年以内に届いてしまうため、本当に必要なのか判断が難しい。
その他、ベネッセの教材らしく様々なオモチャ・玩具が届く。一見すると特に英語の学習と関係がなさそうに見えるものも含まれているのが面白い。広い意味で幼児教育と考えていると思われる。
 評判・口コミ
「この教材ってどうなんだろう?」と評判や体験談も気になりますよね?
ユーザから寄せられた口コミは、現在募集中です。この教材をやっていた、あるいはこの教材をやっている方がいらっしゃいましたら、問い合わせフォームにてご連絡頂けると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

料金

入会金は不要。
Stage0から開始した場合、Stage6までの総額で226,800円。
Stage1から開始した場合、Stage6までの総額で194,400円。

2ヶ月に一回1つのStageが届く仕組みだが、この1Stageあたりの価格が32,400円。
途中退会した場合、残りのStage回数分に32,400円をかけた金額が返金される。

教材詳細

《対象》
0歳からの早期英語教育を考えているご家庭。

《コース》
0歳からのStage0からスタートか、1歳からのStage1からスタート。

《教材特徴》
CDとDVDによる音声と映像の教材、絵本の他に、オリジナルの玩具がセットになっていて Stage0 から Stage6 まで用意されている。0歳から6歳ぐらいまでの未就学児が対象となっているが、教材自体は2ヶ月毎に届くので1年間で全てが揃う。
こどもちゃれんじはトラのしまじろうがメインのキャラクターだが、Worldwide KidsはネコのMimiがメインのキャラクター。Mimi以外に登場するのはPepi、Mani、Ziziなど。

《特記事項》
ECFという英語コミュニケーション脳力を身につけるための理論に基いて教材が作られている。ECFはEnglish Curriculum Frameworkの頭文字で、実践で使える英語力を身につけるための英語教育に関する理論的な枠組み。
その他、有料で1ヶ月2,462円するがオンラインで外国人の先生と1対1で英語のやり取りができる「Talk’n Play」というサービスもある。
参考:トークンプレイオンライン

《歴史》
Worldwide Kidsが開始された年度は不明だが、こどもちゃれんじの前身である進研ゼミの幼児講座が始まったのが1988年、社名が今のベネッセとなったのは1995年、ホールディングスになったのは2009年。
参考:株式会社ベネッセホールディングス 沿革

申込方法

公式サイトのフォームから購入できる。

下記の参考サイトを参照。

基本情報

幼児教育 教材名
Worldwide Kids
認知度ランキング
独自調査による認知度ランク※参考
4.0/5段階評価
対象
0歳から3、4歳ぐらいまで
教材
CD、DVD、絵本、オモチャなど
コース
Stage0からStage6まで
費用
セットを一括申し込み、途中退会で返金
参考サイト